FC2ブログ

電車野郎とその仲間達♪

電車野郎な息子&ファンキーな娘とその仲間達のガタンゴトン奮闘記♪ 親父はつらいよっ!酒だ酒!酒もってこい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡の舌を持つ男。な話

ひな坊は知らんまに足し算ができるようになっていた。
どこで覚えたのだろうか?


さて。
僕は大阪出身からなのかうどんが大好物だ。
生醤油で食べる讃岐系もいいがやはり
うどんと言えばダシで食べるのが一番美味しい。
我が家は必ず味付きあげととろろ昆布と油かすが常備されている。

先日、ひなママが用事で出かけていたので
あげを三角に切り油かすにさっと火を通し
ネギを切って下ごしらえをしさぁ作り始めようと
調味料入れを見ると
ヒガシマルが無い。
うどんスープが無い。
ヒガシマルさんのうどんスープが無い。

これは大ピンチ。
うどんダシを作る自信が無い。
下ごしらえをしたのでもう後戻りは出来ない。
突き進むべく過去の薄い記憶をたどり作り始めた。

お湯を沸騰させてカツオと昆布の合わせだしの粉を入れ
醤油、みりん、酒、塩、お酢と次々に投入し味見をすると
得体の知れない味になった。

悪戦苦闘しているとひな坊がきて

ひな坊「あじみさせて。」
トット「え?うん。はい。」

小皿に入れて差し出した。

ひ「ちょっとあまくないなぁ。」

みりんを入れようとすると

ひ「ちーがーう!あまくないの。」

と言って砂糖を指差した。

少々入れてまた味見をする。

ひ「うーん・・・こくないなぁ・・・」

濃くないのか。薄口醤油を少々。

コックが味見。

ひ「うーん・・・からくないなぁ。」

塩少々。

味見をしひな坊はその場を立ち去った。

まさかと思って味見をしてみると
ヒガシマルうどんスープができあがっていた。

これにはさすがにビックリしたのと同時に
自分の貧弱な舌にもビックリした。

将来、ヒガシマルさん奇跡の舌を持つ男を雇ってくれませんかね?(汗)









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tottoo.blog109.fc2.com/tb.php/84-1e401f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。