電車野郎とその仲間達♪

電車野郎な息子&ファンキーな娘とその仲間達のガタンゴトン奮闘記♪ 親父はつらいよっ!酒だ酒!酒もってこい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度救われた人生のテーマソング。な話 後編

普段、そんな歌に興味があるわけではないのに
妙に心に残る心に響く歌がある。

作った人もそんなつもりではないのかもしれないが
聞く側に当てはまり妙に頭がスッキリする歌がある。

聞く人によっては全く何も感じないのかもしれないが
今の自分を応援してくれてるような歌がある。

僕にとっての応援ソング。


僕達のメロディー by SHOUGUN


昨日の続き



昨日も書いたがなのでひな坊の診断が出てから三日三晩
泣き続け来る日も来る日も塞ぎこんでろくに食事もせず
酒を呑んでは自分を攻めて自暴自棄な日々を送っていた
時期があった。

そんな生活を3ヶ月ぐらい過ごしたであろうか。
あまりのショックでその当時の記憶がほとんど無い。

覚えていることといえば87kgだった体重が70kgまで激減し
言わずとも周りの人間が何かに悩んでいることをほとんどの人に
悟られたことぐらいか。

当時の治療院はその時に住んでいた家から車で10分、原付バイクで5分と
車が通れる踏切を渡るのにかなり遠回りをしないといけない場所にあり
原付なら小さい遮断機の無い踏切がありそこを抜けるとすぐ近くなので
ほとんどの日を原付バイクで通勤していた。

その治療院の近くにこじんまりとした良い感じのママさんが
いる居酒屋があった。

そこのママさんは僕が悩んでいることは気付いてはいるが
そんなことを何も聞かず柔らかな雰囲気で迎えてくれる
すごく居心地のいい現状をなんとか保ってくれるパワースポットだった。

ひなママも気に入ってよく家族で晩御飯をそこで食べた。

ある日、仕事帰りに寄ってご飯を食べているとひなママから電話があり
「ご飯まだやねん。寄ってるんやったらいくわ。」と10分ほどすると
車で来た。

軽くご飯を食べて帰ることになるのだが当時のひな坊はとにかくパパっ子で
僕の姿を確認すると僕から離れないので原付バイクで来ていた僕は
仕方が無く前にひな坊を乗せて帰ることにした。

帰りにある遮断機の無い小さな踏切にたどり着いたときに警報機が
なり電車を通過するのを待つことになるのだがその時は診断のことで
思いつめ通常の精神状態では無かったので

今、アクセル吹かして飛び込んだらどんなに楽だろう・・・


とよからぬことを考えている自分がいる。

明らかにおかしかった。

アクセルを吹かそうとした瞬間あまりに踏み切りに近かったのか
電車の「ファーン!!!」という警笛で間一髪、我に返った。


自分がしようとしたことの異常さにビックリしてしまった。


通り過ぎる電車を笑いながら嬉しそうに見るひな坊を見ると
涙が止まらなかった。


家に帰ると目を真っ赤に腫らした僕をひなママは見てビックリした様子だったが
何も聞かなかった。


何かを悟ったのか・・・


ダサい自分に嫌気が指した・・・


その日もお酒を浴びるほど呑んで寝た・・・



次の日、昨日のことがあるのでバイクで通勤する気にならなかったので
車で通勤することにした。


車に乗り込みエンジンをかけしばらく走るとラジオから懐かしい心地の良い
曲が流れてきた。


その曲はやはり男達のメロディーだった。


聞いた瞬間、前に救われた時のことをついさっきのように思い出した。


大声で笑ってしまった・・・



走り出したら
何か答えが出るだろうなんて
俺もあてにはしてないさ
してないさ



悩んでいたことに答えなんてないのだ・・・
そんなことは解っているつもりだったのに・・・


男だったら流れ弾の一つや二つ
胸にいつでも刺さってる
刺さってる



人それぞれいろんな悩みぐらい一つや二つはもっているもので・・・
それも解っているつもりでいたのに・・・


Pick Up Your Head Throw Away Your Blue's
どうせ一度の人生さぁ
The More You Give Babe the Less You Lose yeah
運が悪けりゃ死ぬだけさ
死ぬだけさ




なぜ死のうとしたのか・・・
運が悪けりゃ死ぬだけなのである・・・
少なくともひな坊の一生を僕が終わらせる権利など無いわけで
守ってあげないといけないわけで・・・


またこの歌に救われた。
悩んでいた自分の馬鹿さ加減に笑ってしまった。
身体から力が抜けた。
聞き終わったあと心に決めた。


うだうだ考えないで強く生きようと。
何があっても命懸けで妻子を守ろうと。
力まず楽にいくしかないと。
たぶんそれが答えなのだと。




という出来事があって何があっても楽天的な今の僕が出来上がった。



何の参考にもならないと思うけど思いつめて悩んだって
何も始まらないことは間違いないです。


そんなこと言われなくても解ってるって?(笑)


柄ではないので明日からまたお気楽なブログでいきます(照)


PS その後おもいっきりリバウンドしました。




スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。