電車野郎とその仲間達♪

電車野郎な息子&ファンキーな娘とその仲間達のガタンゴトン奮闘記♪ 親父はつらいよっ!酒だ酒!酒もってこい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度救われた人生のテーマソング。な話 前編

最近は自閉症のお子さんの親御さんと
交流する機会が多くなってきた。

そんな時によく

「ト ッ ト夫妻は強くて明るいわ~!」

と言われる。

カッコつけて返答するなら

「僕達が弱いと子供達の成長の妨げになる。
まだまだやけどもっと強く明るく支えていくつもりです。」

となるんだろうが実際のところ

んなもん育児書とか教育の本どおり
の子育てちゃうんやから先のこと
くよくよ考えててもらちがあかん!
明るく気楽に構えとかんとやっとれるか!


である。

もともとひなママはメンタル面は強靭なので素であんな感じなのだが
僕の場合はメンタル激弱なのでひな坊の診断が出てから三日三晩
泣き続け来る日も来る日も塞ぎこんでろくに食事もせず酒を呑んでは
自分を攻めて自暴自棄な日々を送っていた。
そんな時に前に一度救われた歌に再び救われた。


男達のメロディー by SHOUGUN


今から14年ほど前に「パニック障害」という病気になったことがあった。


当時、往診治療を専門にしていた時期があって車で専用のベッドを運び
自宅にお邪魔して治療をしていた。

ああ、僕は整体師なんです。

その日も普段と変わらず高速道路を走っていると突然胸に締め付ける
ような感覚があり次の瞬間「ガツン」を胸を叩かれたような痛みが走った。
呼吸は乱れ指先、舌先はしびれハンドルを握る感覚が無くなった。
息をするのもしんどくなり薄れてゆく意識をなんとかこらえサービスエリアに
車を滑り込ませた。
そのサービスエリアにはレストルームという長距離トラックの片が仮眠を
取るような施設があり壁伝いになんとか入った。
入るや否や受付の人に

「あんた!顔色悪すぎる!救急車呼ぶで!」

といわれて病院に担ぎ込まれた。


病院に付いてすぐに診察室のベッドに寝させられ
原因が解らないまま入院することになる。
CTスキャン・24時間心電図・血液検査・ほか多数検査を
するがどれも異常なし。
診断結果は

「ストレス」

んなあほな!ストレスであんなパンチの効いた発作がおきるかいな!
と思いながら言われるがまま退院。

退院してからも事あるたびに発作が襲う。

トンネルの中
高速の渋滞
エレベーター
電車
クラブ(当時はディスコという(笑))
フェリー
パチンコ
サーフィンでアウト(沖)に出た時
映画館


関西で名のある病院を20軒ほどまわったが原因わからず。

ついに家から一歩も出れなくなってしまった。
完全に引きこもりになってしまう。
昼と夜が逆転し友達・彼女(ひなママ)とも連絡を取らず
テレビ見ながらお酒を呑む毎日。
呑んで酔っ払うと楽でそんな生活を3ヶ月ほど送っていたある日
夜中のドキュメンタリー番組をなんとなく見ているとその内容がなぜか
気になった。さらに見ていると脳天を打ちぬかれた!

「ん?俺これやん!」

と夜中に叫んで飛び上がった。

内容は「パニック障害」という不安感を主にする精神疾病でこれに悩まされて
いる人がたくさんいるが周りに理解されないため困っているというまさに僕自身
を取り上げられているのかと思うぐらい全く同じだった。

他人に言っても「そんなん気のせいや。」といわれ親に話しても
心配はしてくれてるのは解ったが「鬱」と思い込み理解はしてくれない。
父親に関しては「サボりたい病や!お前は!」と言われる始末。

夢も希望も無い生活に疲れていた時に一筋の光が見えた気がした。


その番組でそれを専門に扱っている心療内科があることと
「パニック障害」で悩む人のサークルがあることが解った。

早速、次の日にその病院に駆け込み診察を受けた。

診断名
「パニック障害」

やはりである。
今は薬のいろんな処方の仕方がありSSRIという徐々に増薬して
発作が減ればそれに合わせて減薬という治療方法を進められ
治療開始。

一ヶ月たち二ヶ月たち待てど暮らせどあの「死」の恐怖はぬぐいきれず
医者曰く
「これに関しては特効薬というのが無いんですよ。どの治療が合うのか
どれぐらいで効いてくるか完治するのかしないのか。環境を変えてみる
のも一つの手段です。云々かんぬん。」

病名はわかれど変化なし。
途方にくれる毎日。
引きこもる毎日。

約一年こんな生活を送る。

そんなある日あの番組でやっていたサークルを思い出し
メモ書きしてあった場所に連絡をとり参加してみることにした。

カウンセリングの人に話を聞いてもらったり同じ症状で悩む人と
話をしたりしたが結局の所、傷の舐めあいみたいな感じでほとんど収穫なし。
鼻ピアスヘソピアス全身ピアスだらけの若者もいれば
半袖からチラチラ見えるやらしいタトゥーの奴、
全身PINK HOUSEのブリブリの必死な30代女性
病んだ人だらけやと思っていたが案外普通な人もなるんだなぁという
ちっぽけな安心感が収穫といえば収穫か。

二回目行けど変化なし。


三回目行けど変化なし。
その帰りの運転中にFMラジオから流れてきた曲に引き込まれてしまった。
それが

男達のメロディー

だった。

僕ら世代なら聞き覚えはあると思う。
俺達は天使だ!かなんかの主題歌で確か小学校一年ぐらいに
流行ったドラマだ。

当時は子供すぎて歌詞の意味を解らないままなんとなく聞いていたんだろう。
断片的なフレーズしか残っていなかった。


走り出したら
何か答えが出るだろうなんて
俺もあてにはしてないさ
してないさ



まさに当時の僕だ。
病院に行ったってサークルに行ったって
たいした変化がないことぐらい解っていた。


男だったら流れ弾の一つや二つ
胸にいつでも刺さってる
刺さってる


誰だって悩みの一つや二つは持ってるもんなぁ。
そりゃそうや。


Pick Up Your Head Throw Away Your Blue's
どうせ一度の人生さぁ
The More You Give Babe the Less You Lose yeah
運が悪けりゃ死ぬだけさ
死ぬだけさ



!!!


そうか運が悪かったら死ぬだけか・・・
ただそれだけのことか・・・
なぜこんな簡単な事に気付かんかったんやろ・・・

誰だっていつも死と隣りあわせなわけで
10秒後に事故で死ぬかもしれない。
50年後に寿命を迎えて死ぬかもしれない。
たったそれだけのことなのである。

自然と涙があふれ出た。
止まらなかった。

吹っ切れた気がして体が楽になった。

正直、自殺まで考えた。

外国で人知れず死のうと
ワーキングホリデーに行く手続きまでした。

いろんなことから逃げたかった。

でもその歌を聴いて今までのことが馬鹿らしく思えた。


それ以来一回もパニック発作はでていない。

なんやったんやあの苦しんだ一年は・・



これが一回目に救われた出来事。

後編に続く。





スポンサーサイト

お医者さんごっこ。な話

最近、ひな坊とのんちゃんふたりでお医者さんごっこがはやっている。

おもちゃの聴診器とバインダー付きのカルテ、注射器、
お薬、体温計がセットになったのを使って


ひな坊「つぎのかたー」

のんちゃん「はーい」

ひ「おなまえは?」

の「のんちゃん!」

ひ「いたいはどこですか?」

の「おなかー!」

聴診器をおなかにあてる。
何回も病院にいってるので見てたのであろう。

ひ「せなかー」

と言って背中にも聴診器をあてる。
子供はよく観察している。

ひ「おくすりちょんちょん」

と言って直接お腹に薬をぬる。
大人になったら胃薬はけい皮吸収しないことを教えてあげよう。

ひ「だいじょうぶですねー!じゃあちゅうしゃしまーす。」

悪くないのに注射をするのか?!(笑)

の「はーい!」

といってのんちゃんは毎回
ズボンを脱いでおしりをだす。


学校ではやめてね。





釣り。な話

今回はほんと個人的趣味なこと。
興味のない人はスルーしてください。

最近は歳も歳なので寒い時期はサーフィンにいく
気合がないので気分転換は釣りにいくようにしている。


はじめは波止場にいったり海釣り公園などに行っていたのだが
最近は子供達と同じ保育園に通うT家のご主人と海上釣堀によく行く。

T家の女の子は実はうちの子達と同じ広汎性発達障害で
嫁同士もすごく仲がよくT家のご主人と釣りに行くことに関しては
ひなママも快く送り出してくくれる。

とてもいい気分転換になる。

turi.jpg
ト ッ トの釣果
カンパチ2匹・シマアジ1尾・真鯛7尾

T家のご主人の釣果
カンパチ2尾・メジロ・シマアジ4尾・真鯛5尾
このご主人がまた上手いんだわ。
何回やっても勝てない・・・

入るのに1万円なので元はとったか・・・

ただそれだけの普通日記ですんまへん。


電気毛布。な話

寒い季節になってまいりました。
そろそろ寝るときの電気毛布が必要な季節。

毎年、この時期になると思い出すことがある。

結婚したその年の冬の出来事。

ひなママ「寒いから今日から電気毛布いれるわな」

と言って寝る前にセッティングするひなママ。

夜も遅くなり「先に寝るで」と言って寝室に入っていった。
しばらくして僕も眠くなったので布団に入るとものすごい違和感を感じた。

電気毛布を掛けて寝ている。

いやいやいやいや。
これはおかしい。

ト ッ ト「なぁひなママ。もう寝た?」

ママ「まだ起きてるよ。」

ト「電気毛布上にあるんやけど。」

マ「ん?なんで?」

ト「普通、下に敷かへん?」

マ「はぁ?毛布やで。掛けるやん普通。」

ト「まぁそうやけど電気毛布やで。」

マ「包まれてるほうが暖かいやん。」

ト「昔、理科で習わんかった?熱っていうのは下から上に移動するんやで。」

マ「下か上か知らんけどこのほうが暖かいに決まってる、包まれてるんやから。」

ト「重くない?」

マ「大丈夫。うちは昔からこうやってた。」

ト「うちは敷いてたけどな。」

あくまでドーム型説を押し通すひなママ。
科学的根拠説を貫く僕。

結果、意地っ張りな二人はこうなった。

denkimoufu1.jpg



家庭によっていろんな文化があるんだなぁと思った。

今は別で寝てるからいいですけど。














こってり?あっさり?な話

先日、パチンコにいった帰りに天下一品(ラーメン屋)に寄って帰った。

我が家では僕がパチンコに行く日はひなママの手抜き料理DAYで
ひなママが子供達に
「こんな手抜き料理食べなあかんのはト ッ トがパチンコ行くからやで。」
とチクチク嫌味を言うというのが習慣になっている。
もっと素直に行かせてほしいものである。

話を戻そう。

店に入りラーメンを注文した。

数分してから今時の若い男の子4人が入ってきて
僕の後ろの席に座った。
年の頃なら23・4歳ぐらいだろうか。

「腹減った~今日はおもっきり食ったろう」
「俺も腹減った~」
「すいませーん」

店員が注文を取りに来た。

「え~ラーメンあっさりで」
「俺もあっさり
「俺もチャーハン定食あっさりで」
「俺もそれ。ラーメンはあっさりで」

「注文繰り返します。あっさりラーメン4つ。うち二つチャーハン定食で」


キサマらいったいどんな教育を受けてきたんや(驚)
天下一品に来てあっさり食ってどうする!
この草食系男子どもが!
お前らはヘビー級のハードパンチを
もらいに来たんじゃないのか?
ネコパンチをもらいに来たのかい?
麺に絡みすぎて麺を食べ終わった後
ほとんどスープが残っていない木村社長の
魂のスープを食せずしてこの棘の世の中を
渡っていけるかい?
日本男児たるものあのこってりと向き合わないでどうする!
このもやし系男子どもが!



といいつつ俺もあっさり食べてたんやけどね。

いや、あの歳いくとね・・・胃腸がね・・・

若い時ぐらいこってり食べてほしいやん?





フリー参観。な話

先週火曜日にフリー参観というのに行ってきた。
3日連続いつどこの教室に行ってもいい参観で
同年代の子がどんなことができるのか、
どんな話をするのかがよくわかり大変勉強になった。

のんちゃんのクラスは朝から体育館でのマット、跳び箱を
使ったサーキット方式の運動だった。

相変わらず運動神経はずば抜けているのんちゃん。
なんなくいろんなことをこなす。
先生の説明をうなずきながら真剣に聞き完璧にこなす。

なにもやらかすことなくごくごくある光景の参観になった。

やっぱりなにもないのって楽。

こんな穏やかな気持ちで参観にいけたのははじめてだった。

ひとつ気になるのは僕の顔を見ても全く反応しなかったことぐらいか。
周りの園児はサーキットをしながら親のほうに手を振り
時より駆け寄っては甘える。

が、彼女には全くそれがない。

帰り際になってやっと。

「おっ!とーちゃん~」

と一言だけ話しただけ。
のんちゃんにとって僕はどんな存在なのだろう?
話ができるようになる時が来れば聞いてみたいと思う。


一方のひな坊は教室でピアニカの練習
これもビックリのおとなしく座って先生の説明を聞きながら
一生懸命練習している。
少し前なら僕の顔を見るといましている事を放棄して
駆け寄り離れないという状態だったのだがだいぶ
落ち着いてきたんやなぁ。

とうちゃんビックリだ。

フリー(担任を持たない発達障害の知識がある)の先生と
少し話しすることができた。

「お父さん見ましたか?ひな坊ものんちゃんもだいぶ落ち着いてるでしょ?
最近はずっといい感じなんですよ!二人ともひとの声がとおるようになって
きました。」

と言ってもらえた。
今後の方針も話ができた。

ほんといい園に行けたと思う。

そんな肌寒い秋の日。







近況報告。な話

自己紹介が2年も前のままほったらかしになっているので
整理する意味で近況報告。



ひな坊  5歳5ヶ月

2歳6ヶ月で自閉傾向と診断される
今現在、ADHDと広汎性発達障害が薄く兼ね備わったタイプだと解った
受動型だということもわかった


ADHDの部分では
多動性=落ち着いてはきたがまだまだテンポが早い
    =不器用だったが今現在では解消された
    

広汎性発達障害の部分では
(得意)
視覚優位=図形・数の理解力

(苦手)
聞く力
会話
表情をうけとめにくい
細かな人の刺激がうけとめにくい
意図が解かりづらい
ストレートにうけとめてしまう


〔好き〕

過去→現在

電車→車 特にレーシングカーなどのステッカーがたくさん張ってある車

おままごと→バトルスピリッツや仮面ライダーのバトルカードなどの収集

ピングー→ケロロ軍曹・トムとジェリー

食べ物では
前まで大好物だったバナナ・ラムネは全く食べなくなった

チョコレート
ハイチュウ
メントス
コーラ

過去によく見られたすきな行動
接地面(ミニカー・プラレールなどを寝そべって真横からタイヤと地面の
接地部分を見て臨場感を楽しむ)
排水溝(石ころを落とすのがたまらないみたいです)

全く無くなった


[嫌い]

物とか場所とかでたいして嫌いなものは無い

食べ物で絶対食べない物はコーンだけ。
これは昔からそうだったのだが
ある程度会話が出来るようになって解った。
「くさいから」らしい。
解る気がする。
僕もちょっと苦手。


[やっかいなクセ]

2歳から3歳にかけて例の事件であったような
噛むというのが今は全く無くなtった。


のんちゃん  3歳10ヶ月

2歳4ヶ月ぐらいで「まだ解らないけど広汎性発達障害の
傾向がみられる」と診断される。

親が直感というかなんというか行動・言動を見ていると
アスペルガー症候群の傾向が少しでてるように思う。
これに関しては年齢がもう少しいって判明するようです。
臨床心理士の先生も「薄く傾向が見られるだけなので
ので判断しかねる。性格として捕らえるぐらいでいい。」
ということだ。

そうかそうでないかというハッキリしたラインなんか無いので
そんな感じでしか言い表せないのだろう。

ゆっくり見守っていこうと思う。


[好き]

トムとジェリー
プリキュア
おままごとセット
いくら
えびさびぬき


[嫌い]
目の見開いたキャラクター(スポンジボブみたいなの)
果物全般
炭酸飲料


[苦手]
会話


[特徴]
我を通す(絶対に曲げない)


ひなママ  36歳10ヶ月

アスペルガーの特徴がある(言うと怒るので言わないですけど)

[職業]
ネイリスト
この夏より自宅部屋を改造してサロンを開いた

[好き]
小さいもの
いくら
野菜
ビール
骨董収集

[嫌い]
牛以外の肉
青魚
貝全般


ト ッ ト   37歳3ヶ月

[職業]
整体師

[好き]
タイガース
お酒
釣り
サーフィン
ゲーム

[嫌い]
ジャイアンツ
チョコレート
しつこい人
がめつい人
遅刻する人

[特徴]

パニック障害を持病としてもっている
現在はたいした症状はない


こんなとこでしょうか。
またちょこちょこ更新します。




1番。な話

今年はインフルエンザの大流行で運動会が中止になった。

それでは忍びないという園長先生の粋な計らいで
運動会みたいな大規模ではなく若干はしょった会を開いてくださった。
やるなあのヒゲおやじ。

園児全体の体操・かけっこ・お遊戯・リレーとどこをはしょったのか
わからないほどボリューム満点の会だった。

ひな坊は去年とは全く違いみんなとのお遊戯もいやがらず完璧にこないしていた。

成長するもんだ。


さて、負けることがとても嫌なひなママそっくりな負けず嫌い園児ひな坊。
問題はかけっこ・リレーである。

超多動時代に鍛え上げた足腰といえども5歳にもなると運動能力の差が出るので
足の早い子と同じ組になってしまうと勝つかどうか微妙である。

参加することに意義があるといえどもやはり勝ってほしいというのが親心で
ドキドキしながら出番が来るのを待った。

しばらくするとひな坊登場。
なんと!クラスでも背が高く足の早いで有名なケンちゃんと同じ組だ。

緊張のスタート!

おっとケンちゃんがややフライング気味でスタート!
ひな坊はその後を追う!
なるほど。最後のストレートで差すつもりやな!

っと思った瞬間。

ひな坊大ショートカット!(汗)

場内どよめく。

というか大爆笑。

そのままリードを保ったままひな坊余裕の1着(泣)

笑うひな坊。

あっけにとられるケンちゃん。

ひな坊の負けず嫌いぶりには脱帽である。

なんにせよ1番が1番(あほな親)


会が終わってひな坊を迎えにいって僕の顔を見て駆け寄って抱きついてきた。
緊張の糸が切れたのか僕に抱きつき

ひな坊「ぼくつよかった。ぼくつよかったの。つよいの。」

と泣きながらつぶやいている。

これには心が痛む思いがした。

たぶん、運動会の前から「かけっこ1番になれよ!」と何回も言っていたので
勝たなければならないというプレッシャーに押しつぶされそうになっていたみたい。

そんななかでのショートカット。

そんなつもりは無かったのだが親の何気ない言葉で子供は
敏感に素直に感じ取っていたのがよくわかった。

ちょっと切ない今年の運動会でした。

もっと考えて発言せなあかんなぁ・・・
反省。




奇跡の舌を持つ男。な話

ひな坊は知らんまに足し算ができるようになっていた。
どこで覚えたのだろうか?


さて。
僕は大阪出身からなのかうどんが大好物だ。
生醤油で食べる讃岐系もいいがやはり
うどんと言えばダシで食べるのが一番美味しい。
我が家は必ず味付きあげととろろ昆布と油かすが常備されている。

先日、ひなママが用事で出かけていたので
あげを三角に切り油かすにさっと火を通し
ネギを切って下ごしらえをしさぁ作り始めようと
調味料入れを見ると
ヒガシマルが無い。
うどんスープが無い。
ヒガシマルさんのうどんスープが無い。

これは大ピンチ。
うどんダシを作る自信が無い。
下ごしらえをしたのでもう後戻りは出来ない。
突き進むべく過去の薄い記憶をたどり作り始めた。

お湯を沸騰させてカツオと昆布の合わせだしの粉を入れ
醤油、みりん、酒、塩、お酢と次々に投入し味見をすると
得体の知れない味になった。

悪戦苦闘しているとひな坊がきて

ひな坊「あじみさせて。」
トット「え?うん。はい。」

小皿に入れて差し出した。

ひ「ちょっとあまくないなぁ。」

みりんを入れようとすると

ひ「ちーがーう!あまくないの。」

と言って砂糖を指差した。

少々入れてまた味見をする。

ひ「うーん・・・こくないなぁ・・・」

濃くないのか。薄口醤油を少々。

コックが味見。

ひ「うーん・・・からくないなぁ。」

塩少々。

味見をしひな坊はその場を立ち去った。

まさかと思って味見をしてみると
ヒガシマルうどんスープができあがっていた。

これにはさすがにビックリしたのと同時に
自分の貧弱な舌にもビックリした。

将来、ヒガシマルさん奇跡の舌を持つ男を雇ってくれませんかね?(汗)









FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。