電車野郎とその仲間達♪

電車野郎な息子&ファンキーな娘とその仲間達のガタンゴトン奮闘記♪ 親父はつらいよっ!酒だ酒!酒もってこい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都ぶらり旅。な話

我が家はよくあてもなく京都に行って休日を過ごす。

最近では落ち着きだして必要では無くなったのだがひな坊の超多動時代
ショッピングセンターなどに行くとほぼ100%迷子になっていたので
苦肉の策として走りまわらせても見失わないお寺の境内などで
遊ばせていたその名残で現在でもよく行く。
完全燃焼させて疲れきらせてベビーカーで寝かせて錦市場で急いで買い物を
済ませ起きるころに京都駅に行き新幹線を見せて興奮&満足させて帰るのが
定番のルートだった。もちろんのこと車で行く。

日曜日もすることが無かったので清水寺に行ってきた。
現在では手をつないでゆっくり歩き賽銭箱付近に来ると「お金ちょうだい。」
と言い、馴れた手つきで賽銭箱にお金を投げ入れ「パンッ!パンッ!」と
手を合わせ何かを拝んでいる。

清水の舞台の手すり付近で怖がらすのがこのツアーの定番である。
kiyomizu.jpg

次に京都駅に行って入場券を買い新幹線のホームでしばし堪能する。
普段はそのまま満足して帰るのだが今回はひな坊が
「でんしゃのるの。のりたい。ジェーアールのりたいの。」
と言い出したのでひなママとのんちゃんは伊勢丹で買い物させて
男二人で普通電車に乗ることになった。
3駅隣の長岡京まで行ってそのまま帰ってきた。
長岡京までは窓から車庫に止まる電車がたくさん見えるのでひな坊は満足げだ。

帰りの電車は向かい合う座席のタイプの車両で初老の女性が1人で
座っている向かいの席が空いていたのでそこに座った。

走り出してしばらくしてその女性がひな坊に話しかけてきた。

女性「お譲ちゃんは何歳?」
上品さがにじみ出たやさしい声だ。

会話にならないとは思ったが僕は黙って見守った。

ひな坊「ぼくは4さいです。」
おお!返した!ちょっと硬いけど(笑)
中学1年生の英語の教科書っぽいぞー(笑)

女性「男の子なの?!可愛い顔してるから女の子かと思った(ニコッ)」
やはり上品でハイソな女性。この辺は手馴れた感じ。流石だ。

ひな坊「あなたはなんさい?」
いらんこと聞かんでええねん!(笑)

女性「67歳ですよ。僕はおりこうさんですね(ニコッ)」

ひな坊「うん!」
自画自賛すな(笑)
おりこうさんではないし(笑)

そんなやり取りがありしばらくしてその女性に聞かれてハッとした。
「僕はすごく綺麗な言葉遣いね。東京にお住まいですか?」
「奈良です。」
「へぇー関西なの~。じゃあご両親が言葉遣いが綺麗なのですね(ニコッ)」

100%それはないです。

そういえば両親はこんなコテコテの関西弁やのになぜかひな坊は
標準語っぽい言葉を使う。
言葉を使いこなせるようになったのはごく最近でしかもDVDやテレビから
獲得しているのでそうなったのであろうか。

例えば、外出してお腹がへると
「あのね~ぼくおなかがペコペコになっちゃったの~めがまわる~~」
そんなお腹すいてないやろ。食べさせてないみたいで人聞きが悪い。(笑)
これはアンパンマンから獲得した文章だ。

いつか関西弁を喋る日がくるのであろうか?
まぁええとこの子っぽくてこのままでもええけどね。

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

スポンサーサイト

我が家の一大事。な話

おい!こら!トラ!はよなんとかせー!ワシの胃がもたん!

毎度。ト ッ ト。


機嫌よく保育園に通うひな坊。
仲の良いお友達も数人できてますます通園するのが楽しいみたいだ。
そんな中、今日、なんと

ラブレターをもらって帰ってきた。

仕事から帰るとひなママが耳元で「ひな坊ラブレターもらってきたで。聞いてみ。」
とささやいたのでひな坊に聞いてみると「ママ。おカバンとって。」と言って通園の
リュックのポケットからラブレターを取り出し「はい。どーぞ。」と余裕の表情で僕に手渡した。

年中さんなのでもちろん字は書けないので字らしきものがずらずらと書いてあり
花とリンゴの絵が書いてあって一番最後にハートマークが書いてあった。
朝、保育園に行った時にクラスの女の子が駈け寄って来てくれたそうだ。
ひなママにその時の状況を聞くと「ひな坊!はいこれ。」と呼び捨てされ
ソレを勢い良く手渡し「はよ行くで。」と手を引かれて教室に入っていったそうだ。
ラブレターをくれたあみちゃん(仮名)はクラスで一番気の強いしっかり者で
いつもひな坊の世話をしてくれているらしい。
頑固者のひな坊もあみちゃんの言うことはだけは素直に聞くのだそうだ。

「ひな坊!はよ寝ーや!」「座って食べや!」「箸!」

ひな坊はそんな気の強いしっかり者のあみちゃんが大好きだという。

やはり「血は争えない」と思った。



そのラブレターを昼寝の際、抱きしめて寝たそうな。
なんと乙女心をくすぐる奴よ。

ちっぽけなキサマより将来有望な子供さん。な話

うるぁ!子供は実験のモルモットちゃうんやぞ!平凡に育った突出した才能の無い親が思ってるのが「普通」やとと思うのは勝手やけど本人はそれが普通や無いねん!なぜ人と違う感覚持ったことが才能ととらえらへん!人前でおとなしく賢くしてるのが100点満点か?従順で親の思った通りに行動するのがええ子か?ワシもたいした才能は無い親や。でも子供を押さえつけて親のレールを走らすような馬鹿なことは絶対にせーへん!その子の持ってる才能のポテンシャルを尊重してあげたいからな!キサマが思ってる「普通」はなんや?首長族が首が長いのが「美しい」とか唇にワッカはめて「この人は強い」と思うのはそこの人たちは普通やろ?でも唇にワッカは普通やないと思うやろ?日本に住んでたら。でもその地域の文化のそれが「普通」やねん!普通なんかそんなもんや!すくすくと育児書通り育ってるのがあかんとかではない!その子はその子で自分の可能性を見つけて開拓していく才能があるんやから!キサマが言う「普通」なんやろ。ワシから言わしたら「普通」ではないけどな。才能やけどな。周りの状況を把握してお酒呑みながら仕事をゲットする営業さんも才能。自分の腕一本で家を建てる大工さんも才能。歌を歌って人を感動させる人も才能。芸人さんが笑わしてくれて生きる気力を再認識させてくれるのも才能。どんな人でも頑張れる人はそれぞれ突出した才能があると思うで。それを効くか効かへんかわからん健康食品に託すのはどうでしょ?それでいい?まずあなたが飲んで効果を試してからでええんちゃう?ワシから見たらあなたは普通ではないから。

とある本を読んで思った。酔っ払いの戯言でした。

ちょっとぐらい聞けばいいのに。な話

ちくわぶの意味がわからん。あとキクラゲと。

毎度。ト ッ ト。



ひなママは先日まで35年間パソコンをほとんど触ったことがなかった。
ネットでしか買えない子供服やインテリアなどは僕が受注・発注・支払いをし
調べ物は全て仕事中にプリントアウトして帰宅後、食卓の上に置いておく
という面倒くさいやり方をしていた。

非常にじゃーくさいので少しは覚えてもらおうと思い先日、日本橋に用事が
あったのでついでに電気街に寄りノートパソコンと無線LANを買って帰宅後
家族が寝ている間にセッティングをしてネットの見方のメモを食卓に残し数日様子を見た。

負けず嫌いなのかどうかはわからないがひなママは僕に物事を聞くのがくやしい
らしくて今回も全くパソコンについて何も聞かなかった。

今日、自宅に昼食をしに帰ってリビングの扉を開けた瞬間に驚愕の風景を目の当たりにした。

なんとPCの画面に表示されている気に入った子供服の画像を
デジカメで撮ろうとしていた。

「ん?なにしてんの?」
「デジカメの中の画像見ててん。」

うそつけ!おもっきり半押ししてたやん。

どこまでも負けず嫌いな奴め。
聞きなさいよ。ちょっとぐらい。
マイワイフよ。ソフト物腰ティーチングだぜミィーは。

当分これはワシの仕事になるな・・・

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

DNAな話

P9100082.jpg

のんちゃんは教えたわけでもないのにこの服が好きだ。
トラキチである僕のDNAが刻み込まれてるのであろう。


昨日、ひな坊と甲子園に行ってきた。
休みだったし前日いい勝ち方をしてたので男二人でいってきた。



ひな坊もDNAに刻み込まれてるようで好きなようだ。
甲子園に行く時は家からユニフォームを着ていくのだが
「ト ッ ト野球頑張ってね!」と僕が試合に出るのと勘違いしてる
ようだったが甲子園に着いて納得したようだ。
僕がしている草野球に行くのと勘違いしてたのかな?

タイガースよりジェット風船目当てなのは知っていたが守備の時は
大人しく座って攻撃になるとメガホンで応援してたのでうっすらは
わかっているのかな?

僕以上にトラキチな両親はしょっちゅう甲子園に行っているので
ひょっとしたらと思い電話すると案の定居たので合流。
ひな坊は知っている人が増えてさらに安心した様子だった。
「なにしとんじゃーぼけー!」「いってもうたらんかい!」という大声が
飛び交うライトスタンドはそら怖いわな(笑)

結局、9回ウラ サヨナラ押し出しで勝利したのだが
9回表になってひな坊が「眠い。帰る。」と言いだしたので
そのまま帰ってきて一番いいところを見れなかったが
4時間もよく頑張った。ひな坊よ。

またいこな。

帰りに大量のジェット風船買わされました。
今度の草野球の試合で飛ばしそう・・・
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ


油断して笑ってしまった話 パート2

前回に続く油断して笑ってしまったシリーズ。

よく行くショッピングセンターのお客様の声

negai




先日行ったおしゃれなブティックの並ぶショッピングモールに張り出してあったアンケート

CA3A0007.jpg


それ釣具のブランドやがな!(笑)
あかん。アンケート関係は油断して笑ってまう。
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

主婦を敵にまわすつもりはないです。な話

僕は食事のときにこだわりがある。

おかずどうし味が交じり合うのがどうしても許せないので
各おかずごとに取り皿を使う。
餃子の王将なんか行くととんでもないことになってしまう。
ゆえにバイキング形式のお店はほとんど行かない。
ひなママのリクエストで行ったとしても1つずつ取りに行き毎回お皿を代える。
非常にじゃーくさい。
家で食べる時も同じで僕の周りには4・5枚の取り皿がおいてある。
それを見かねたひなママが昨日

「えーやんちょっとぐらい混じっても。お皿何枚も出して置く場所も狭くなるし
洗い物が多いねん。だれが洗ってると思ってるんよ。

食洗機さんだと思ってる。

と口に出しかけたが飲み込んだいつまでたっても弱夫ト ッ ト。

鍋も洗える大きいの買わしたじゃん。
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

発達検査な話

俺的には
ワイン < お笑いマンガ道場


毎度。ト ッ ト。

さて、今日はひな坊の発達検査の話。


全体 4才3ヶ月   100

最近はだいたいこのへんの数値
突出してるとこ苦手なところの平均


認知 4才5ヶ月   104

少し高め
ほとんどなにもしなかったそうだ
今回ひなママが驚いたというか脳の構造の違いがよくわかったことがあって
先生が小さい積み木10個を机に広げて

「ひな坊君!8個積み木ちょうだい!」

というと普通なら「1個・2個・3個」と1個ずつ先生に渡していくのだが
ひな坊の場合、積み木を見た瞬間に10個あることを知っているので
2個をよけて残り8個を先生に渡すという足し算引き算的発想をする。
3個も6個も同じやり方。

視覚優位だとこおなるんだなと感心した。
レインマンであった1シーンのまさにあれである。
見た瞬間にデジカメで撮った画像のように頭にデータが残っている。
なんかこの才能を使って金にならないかと瞬間的に思った。


言語 4才2ヶ月   98

この結果にはさすがに驚いたしその場に居れば採点の甘さを先生に
指摘したかもしれない。
前回もそうだったが同年代の子はもっと喋ると思う。

がしかし!

採点の理由がわかった。

僕達夫婦がいつまでたっても喋り方が幼いと思っていたのは
まだ口の動かし方が上手くないために発音が幼児語になっているだけで
これは放って置けばそのうち改善されることなのだそうだ。
ゆえに言語聴覚関係の訓練の必要はなし。
聞き取るのが少し苦手ではあるが言語力はあるらしい。
「幼児語=言語力が弱い」ではないということがよくわかった。


運動 3才10ヶ月   90

やはりどんくさいのか・・・ 
ケンケンはかたほうだけしかできない。
グーパーを交互にできない。
これは気長にいきましょ。


この年齢になるといろいろわかってきた。
ADHDと広汎性発達障害が薄く兼ね合わさったタイプなんだそうだ。

ADHDの部分では
多動性=落ち着いてはきたがまだまだテンポが早い
    =不器用

広汎性発達障害の部分では
(得意)
視覚優位=図形・数の理解力

(苦手)
聞く力
会話
表情をうけとめにくい
細かな人の刺激がうけとめにくい
意図が解かりづらい
ストレートにうけとめてしまう


あかん。
複雑すぎて頭がこんがらがってきた。
奥が深いぜこの業界!

なんにせよ成長あるのみ。
得意なことを伸ばしてあげよう。
そして大きくなったらカジノへ行こう。

仕事中なので今日はこのへんで。
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

今年もこの季節がやってまいりましたな話

カメラマンなのかキャメラマンなのか

毎度。ト ッ ト。


さて、今日ひな坊はMK先生のところに診察に行っている。
僕は仕事なのでひなママに行ってもらっている。
以前は結果が不安で不安でしかたがなかったのだが
最近は成長著しいので楽しみになりつつある。

が、成長すると不安がないわけではない。
最近は自分自身のいろいろなことがわかっているみたいだ。

現在通っている幼稚園には発達障害を専門に勉強している担任を持たない
フリー(どこの教室でも自由に行き来できる)の先生が居て指摘されたことがある。

完璧主義者なので自信のないことはしないらしい。

今、運動会の練習でお遊戯を毎日してるらしいのだがものすごく興味は
あるが上手く踊れる自信がないのでまず輪には加わらずに端っこに座って
見て覚えているみたいで強烈な目力で観察しているらしい。

先生の「運動会でお父さんお母さんに見てもらおうね!」という言葉に
「やるの。踊るの。頑張るの。」と返しているところを見るとやる気はあるようだ。

例えばそこで無理やりやらして出来ないと自分に自信が無くなって
何も出来なくなってしまうおそれがあるので無理にはやらさないようにと。
完全に出来る自信がつけば自然とするらしい。

それはかなり前から気付いてはいたが。
初めてするおもちゃやゲームなどは「ト ッ トやってみ!ト ッ トやって!」
と先にさせて様子を見て覚えてからやり始めるという説明書を読まないで
ゲームを始めて行き詰ってから説明書を読む僕の性格とは真逆だ。 
特質といえば特質、性格といえば性格なのでそこは素直に受け止めている。

さて今年も運動会の季節。
紆余曲折はあるとは思うが頑張っているのを暖かく見守っていこうと思う。
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ




毎年恒例の幼馴染おっさん夏旅行な話

「宿題やったけど家に忘れました!」

「じゃあ取りに帰ってきなさい。」

「・・・」


毎度。ト ッ ト。

さて、今日は夏恒例の幼馴染おっさん旅行の話。
海に行くが海水浴を楽しむわけでもなく釣りをするでもなく
日頃疲れた身体を癒す為だけの何のイベントも無い旅行だ。
幼馴染ともなれば「話をするだけ」が一番楽しいのである。
旅館も毎年決まっており豪快な料理を出してくれる家族経営の
こじんまりしていておっさん達にはたまらなく居心地がいい宿だ。
僕たちのことをよくわかっていてくれるし家族もすべてかおなじみである。
ゆえに来る連中の油断した服装には目を見張るものがある。
各、短パン1枚Tシャツ2枚。これだけ。
それを入れるカバン?もナイロンの巾着だけ(笑)

そんな中、今回K君が履いてきたサンダルが物議をかもし出した。
本人は「おしゃれサンダル」と言い張るのだがどこからどう見ても
オッサンのツッカケにしか見えないのである。
新婚旅行の時にイタリアで買ったものらしいのだがやはり
オッサンのツッカケにしか見えないのである。
本皮でしっかりとした造りなのだがやはり
オッサンのツッカケにしか見えないのである。

ご飯を食べ呑み明かしさぁ帰ろうと玄関に行った時に
K君のおしゃれサンダルが見当たらない。
目を凝らしてよく見てみると・・・

なんとK君のおしゃれサンダルは旅館の屋号「清水屋」とおもいっきり白のペイントマーカーで書かれてあった(爆笑

旅館のおばちゃんが間違えたらあかんから書いたそうな。
やっぱだれが見てもオッサンのツッカケにしか見えなかったみたい(笑)

こいつらといるとネタが耐えない(笑)
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。