電車野郎とその仲間達♪

電車野郎な息子&ファンキーな娘とその仲間達のガタンゴトン奮闘記♪ 親父はつらいよっ!酒だ酒!酒もってこい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲子園な話

水曜日に高校野球を見に甲子園に行ってきた。

うちの患者さんが新二年生ながらベンチ入りしたのでその勇姿を
どうしても生で見たくていてもたってもいられず家を飛び出し車を走らせた。

彼との出会いは6年ほど前にスポーツ障害で来院した時だ。
少年野球チームの中心的選手でエースで4番の典型的なワンマンチーム。
なおかつ選手の将来などこれっぽっちも考えない馬鹿鬼監督のありえない練習量。
「将来のことなんか知るか!今勝ちゃーいいんだよ!」
という指導者はほんと地獄に落ちていただきたい。
子供の未来をなにやと思とるんじゃ!
と言いたい。というか一度だけ言ったことがあったな・・・

その結果、体中の筋肉は疲労物質が溜まりカッチカチに固まりきって
野球選手の命ともいえる肩関節の可動が子供のソレではなかった。

数回、治療を重ね症状は安定し事なきをえたのだが彼(以下N君)のお母さんに2つお願いをした。
まず1つは今のチームを辞めるか定期的に身体ケアに来るかどちらかにしてもらうこと。
もう1つは「N君が中学校に入ったら高いレベルでさせてあげてください。」と。

スポーツ障害で数々の少年の身体をみてきた僕だがN君はそれまでに
診てきた子とは一味も二味も違った。

小学5年とは思えない骨格の太さ・バランス
全身速筋だらけの恵まれた筋肉の質 一般的には「バネがある」というのかな?

今まで何千何万もの患者さんの筋肉をほぐしてきたがN君の筋肉を触った時にほんと身震いがした。
プロ野球選手の身体を治療した時もこんな感覚はしなかった。
口で言い表すのは難しいが。

本来、人生を左右するかもしれないようなことはまず言わないのだが
あまりにも恵まれた才能に思わず「高いレベルで」と口に出してしまった。

もちろんお母さんは鳩が豆鉄砲くらったような顔をしていたのは言うまでもないが
半信半疑ながらもN君は中学では強豪クラブチームに入った。

そしてこのN君がすばらしいのは「やらされている感」が全く無いこと。
お母さんも「頼んでしてもらってるんやないから嫌なら辞めなさい。好きならトコトンしなさい。」
というスタンスでとてもすばらしい。N君も泣き言を一言も言わない。
なにがあっても他人を責めない。そんな暇あったら練習しよう。
という竹を割ったような性格。僕はこんなN君が大好きだ。

中学に入るとメキメキ頭角を現し数校の甲子園常連校の目に止まることになる。

僕も言ってしまった以上は責任があるので怪我をしないように定期的に体のケアをし
鍛えないといけない筋肉・柔軟性をださないといけない関節をこと細かく探し出し
出来る限りのアドバイスをした。
N君もお母さんも真面目で僕のプログラムどおり実行してくれた。

その結果、去年見事県内強豪校に入学した。

で、今年見事三年生を押しのけてベンチ入りをはたした。

いやーなんかほんとうれしい。
その試合は出場機会がなかったがランナーコーチをしているのをみてるだけで
泣いてしまった。
kousien1.jpg

猛者達が集まるので不安もあったろう、辛い練習もあったろう、全寮制なので寂しいかったろう、
そしてなにより自分を追い込んで奮い立たせて鍛えた精神力。
おじさん泣いちまったよ。

しかも勝っちまったよ。
よく頑張った!
kousien2.jpg


試合後、お母さんと話をしてるうちにまた目頭が熱くなって泣いてしまったよ。
歳いくと涙もろくなるのか・・・

明日も行くからな!N君!背番号18番!みなさん応援してやってください!

kousien4.jpg

家族しかもらえないタオルもらっちゃった!

てことで明日はひな坊を連れて甲子園で絶叫してきます。
あのヒッティングマーチ好きやし、ひな坊。
kousien3.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
スポンサーサイト

発達検査な話

日曜日にスーパーGT日本選手権を鈴鹿サーキットに見に行ったことを
書きたかったのだが月曜日にいった発達検査のことを忘れないうち先に書きます。

今回は仕事だったのでひなママに行ってもらった。

前回のはこれ


現在3歳9ヶ月


全体面 3歳10ヶ月  102ポイント

突出してるところがあるので平均してこうなったと思う。


運動面 3歳1ヶ月   82ポイント

確かにどんくさい。足は速いがバランス感覚が悪いというか。
相変わらずビビりで公園に行ってもおままごと三昧。
ひそかに野球させてやろうと計画を練ってたのだが夢と終わるか。。。


認知面 4歳4ヶ月   116ポイント

これは相変わらず高ポイント。形の理解度がはんぱない。
数字とかアルファベットは普通かな?
その辺の判断材料はよくわかりまへん。


言語面 3歳4ヶ月   89ポイント

そういえば最近よく喋る。
動作と言葉が連動してきたというか、例えば。

ひな坊「ママ~。おかし2個ちょうだい。」

ママ「はいどーぞ。」

そのお菓子を持ってのんちゃん(妹)の所に行って。

ひな坊「はい。おかし。」

といってのんちゃんに1つ手渡す。

「のんちゃんに一個あげるから二個くれ。」とまでは言えないが
1つあげるから2個必要なので「おかし2個ちょうだい。」と必要最小限の
要求する言葉は喋れるようになってきた。
とはいえ3歳4ヶ月の子ってもっと喋れるような気がする。
なにか基準となるものがあるのだろうがこれに関しては採点が甘いと思う。


運動面での姿勢・バランスに関すること

普段、ひな坊はテレビを見る時など寝転んで見ることが多い。
当初ひなママは「ほらぁ~あんたがいつも寝転んでテレビ見てるから真似するやんか。」
とグウタラ親父説を押し通してきたがそおじゃないことが最近わかった。

先生が言うには2つ考えられるそうだ。

重力を過剰に感じてるかも説
普段、僕たちは重力など感じて生活したことがないが脳の機能の問題で
重力を必要以上に感じて体が重くて寝転んでしまうことが考えられる。

疲れやすくて寝転ばんとやっとれん説
脳と筋肉が上手く連動していない為、立ってたり座ってると実際より脳が疲れを感じ
寝転んで脱力状態にすると楽なのでそうしてしまうことが考えられる。


僕は後者だと思う。
職業柄つい頭・肩の位置・緊張や緩和をしている筋肉を観察してしまうのだが
肘を付いてご飯を食べてる時の姿勢や座位から立位になる時の動作などは
まさに筋肉に疲労が溜まり本来その時に動かなければならない箇所が正常に
その動きをしないために他の筋肉で補ってしまう動作そのものだ。

例えば脳と筋肉をつなぐ線が100本あるとして、そのうちの何本かが繋がっていない
状態といえばわかりやすいか。
これは成長とともに軽減されるらしい。


今回の診断で驚いたこと。

ひな坊は受動型であるらしい。
どこが?
と思ってしまうのだが典型的な特徴があるという。

○泣きながらでも言われたことをする
お遊戯やみんなと一緒に椅子に座るときなどもいやいやではあるがやり通す

○チクる
いけないことをしている子がいてると先生や親などに「見て!見て!○○ちゃん見て!」と知らせる。
ごっつ嫌な奴だ(笑)。

これらは典型的な受動型の行動なんだと。

先生は小学生ぐらいになると急に大人しくなると推測。


「今、何をすればいいのか?」と先生に聞いたところ「特に無い。」とのこと。
あえて言うなら「命にかかわること以外怒らない。」だけ。

あとは得意なことをさらに伸ばすこと。
形に関することと、あと知らなかったのだがひな坊は音楽に関することが
年齢よりはるか上にいるらしい。
知らんかった。
あ、そういえばMacの薄っぺらい封筒から出てくるノートパソコンのCMの歌を
外さずほぼ完璧に歌う。発音もほぼ完璧。なにかツボったんかな?

まぁ今は少しずつ成長しているのでこのままボチボチ見守っていこうと思う。

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。